2日目。

この日は、宮崎の高千穂峡、別名『真名井の滝』。日本滝百選に指定されました。

阿蘇溶岩の浸食谷を言い、上流の窓ノ瀬から下流の吐合間が中心で、昭和9年11月20日五ヵ瀬峡谷として名勝天然記念物に指定され、昭和40年3月には祖母傾国定公園に指定されました。

また、甌穴(おうけつ)と言って

岩盤からなる河床に出来る円筒形の深い穴をかめ穴と言い、河床の岩盤のくぼみや割れ目の所に渦巻きを生じ、そのエネルギーによって穴ができ、さらにその穴に小石が渦巻きによって岩盤を削るためこうした深い円筒形の穴が出来るという珍しい場所も見に行きました。

写真見ずらくてすみません😢⤵⤵

その後に、なんとも言いがたいまだ震災の爪痕が残る阿蘇神社へ。

時間とお金が必要で改めて自然の恐ろしさを目の当たりにしてきました。

一刻も早い阿蘇神社の復活を願って、もとの姿を取り戻してほしいと思います。